暑い夏にも熱い体質にも夏野菜で整える

時短家電

夏野菜たちは、体を冷やす効果があると言われていますね。

これはどういうことかというと、かき氷を食べた後のように急に熱が奪われて冷えるのではなく、消化後の状態が内熱をとっていくような作用のことを指します。

今日作るのは、夏野菜盛りだくさんのラタトュユです。

(材料)

トマト大1、なすび中1、パプリカ半分、ベーコン60g、ホワイトセロリ適量、大蒜&生姜一欠片ずつ、玉ねぎ半分、ズッキーニ小1、白ワイン中さじ1、オリーブオイルぐるっと回しかけ、塩小さじ1弱、白胡椒適量

今日もホットクックさんが良い加減に仕上げてくれるので、材料を刻むのみです。

ホワイトセロリは、一部飾り用に残して、後は一緒に煮込みました。

待つこと35分でピーーーと呼ばれました。

出来上がり!

我ながら美味しい!いや我ながらじゃあない、ヘルシオ様のおかげです。

これならたっぷり野菜が取れて、お腹にも優しそうです。

切るだけでいいって、本当に楽ですね。

アーユルヴェーダ的に考えると

この材料は、ピッタ体質向けです。

内側に熱がこもり過ぎることで、不調になりやすい特徴があって、とくに調子が崩れると下痢になりやすいタイプです。

つまり、余分な熱を排出して、消化しやすいトロトロになった甘い野菜たちは、

ピッタさんたちの腸活にぴったりなのです。

Apsara

229 views

東京でアーユルヴェーダサロンを12年運営してきた元セラピストです。 古代の智慧と最新テクノロジーが大好きです。 ここ20年ほど運動をしてなかったのですが、「...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。