インド占星術でみる幸運期

インド占星術

インド占星術は、中長期的な予測をするのに優れていると言われています。

その予測はダシャーシステムを使います。

ただ、このダシャーシステム、簡単なようで難しいです。

なぜなら、星がハウスを移動したら、すぐさま環境が変わるものではないからです。

ダシャーラグナを見よう

ダシャーラグナが重要ではないか、という仮説をもとに、ホロスコープを見ていると、ハンドワゴン効果もありますが、なかなかしっくりくるものではあります。

ダシャーラグナの見方

今、マハーダシャーがどの惑星かを特定します。

その惑星がどこのハウスに入っているかで、その時期が大枠で幸運か不運かを見ます。

たとえば、マハーダシャーが6ハウスだと、困難なハウスなので、とても苦しい時期となります。

その苦しさの中にも成功はありますので、悲観せずともよいと思いますが

大抵きついと覚悟してください。

メインの惑星が5ハウスにきていると、幸運のハウスなので、全て思うがままハッピーラッキー、パリピでGOみたいになるかといえば、そうでもありません。

「あれ、ダシャー変わっているのに、何も変わりません」という方も少なからずいらっしゃいます。

そりゃ行動していなきゃ、変わりませんからね。

行動しまくっても、結果でないときは論外として、

ちょっと行動したら、めっちゃデカイ魚釣れたよ!というのが、まあラッキーな時期ということでしょう。

それでも、そんなに5室のラッキーを感じていない人が、私を含め数名います。

そんなときは、ダシャーラグナを見てみましょう。

マハーダシャーの惑星を1室に置き、アンタラダシャーの惑星がどこに来ているかでラージャヨーガ&ダーナヨーガの場所と規模を特定します。

ラージャーヨーガができているアンタラダシャーの時期は、高い確率で成功できるというのが、わたしの経験です。

結論

わたしの個人的体感がメインの検証となりますが、

マハーダシャーが5室に変わるだけでは、ほぼ何も変わらない。

ただ、ダシャーラグナでみたときの、アンタラダシャーの星の配置で、かなりラッキーな配置になっていると、

思わぬ幸運が巡ってきました。

予想外の幸運です。

ケーススタディ

上の画像のホロスコープの検証になりますが、

Ke-Ju やること全部裏目に出る。みくびっていたレベルの仕事さえ外し、お先真っ暗に。

Ke-Sa 3年後にありつけたらラッキーかなと考えていた仕事の依頼が急にくる!それも双子座関連の仕事!ついにきた!ステージアップじゃないの。

Juは幸運の星ではありますが、減衰火星からの8番目のアスペクトでひどく傷ついています。

また木星は仕事には、あまり適さないですね。

だらだらしちゃう。ぶくぶくもしちゃう

Apsara

東京でアーユルヴェーダサロンを12年運営してきた元セラピストで、今はストリーライティングを仕事にしています。 映画・小説・ドラマ・占いなど、人の運命を辿るス...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。