腸に潤いを与える*かぼちゃスープをホットックックで作る

料理レシピ

かぼちゃのスープレシピ

かぼちゃ200gくらい(写真の切り目のように45度分くらい)、人参1/5本くらい、玉ねぎ中半分、塩小さじ1、白胡椒小さじ1、顆粒だし少々、水120cc、牛乳200cc

牛乳以外の材料を1cm幅にざっくり刻んで、鍋に入れます。

1-6のメニューを選んで、スタート!

約35分後、ぴーと音がしますので、蓋を開けて牛乳を追加し再びスタートボタンを押下!

ここで牛乳を加えて6分加熱したら、再び終了の音がして、美味しいかぼちゃのスープが出来上がっていました。

人参とかぼちゃの皮の部分は若干形を残したままでしたが、このソフトな食感がさらに美味しさを倍増させています。

ホワイトペッパーを効かせると、とても美味しいです!コンソメスープは今回使わず、あごだしの顆粒を一振り軽くさっと入れましたが、甘みも増してちょうどよかったです。

かぼちゃスープが便秘に効くとき

かぼちゃは繊維質があって、腸には良さそうだと思いますよね。

ところが、食物線維が便通をよくしそうと、たくさん野菜を食べても食べても改善しない方いませんか?

余計に詰まった感じがしてくる場合、その対策は間違っています!

腸の動きはあるけれど、それをスムーズに動かす潤滑油が足りていないことが原因になっている便秘があるのからです。

その場合は、湿らす働きのある甘味の食品や、油分のたっぷりのもの、温かくて腸の緊張を緩めるような食べ物が必要です。

だからこそ、このかぼちゃスープは、甘くて、温かくて水分と牛乳の油分が含まれていて、緊張性便秘の方にぴったりなのです。

ガスが溜まりやすいタイプだなと思われる方、ぜひお試しを。

Apsara

東京でアーユルヴェーダサロンを12年運営してきた元セラピストで、今はストリーライティングを仕事にしています。 映画・小説・ドラマ・占いなど、人の運命を辿るス...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。